グルコサミン TOP > グルコサミンの働き > グロコサミンが不足してしまうと

グロコサミンが不足してしまうと

グルコサミンは、我々の体の中に存在しており、いろいろな所で働いてくれている重要な物です。
残念ながら、年齢を増す毎に徐々に減少してしまいます。
生まれた頃を100にすると、20代に半分、50代では20位程にしか無くなってしまいます。

体内のグルコサミンは、関節部分に多く存在しています。
年齢と共に減少していくので、色んな弊害を起こしてしまいます。
1番は、皆さんも良く耳にするであろう、ひざやひじの痛みです。
グルコサミンは、関節部分のクッション役を担っております。
そのクッションが無くなると、関節部分の骨と骨がぶつかってしまうので、関節痛などを引き起こしてしまいます。
年齢を増すと関節が痛くなるのは、この影響です。
グルコサミンは、我々の体の中に存在しており、いろいろな所で働いてくれている重要な物です。 残念ながら、年齢を増す毎に徐々に減少してしまいます。 生まれた頃を1