グルコサミン トップ >  グルコサミンの基礎知識 >  グルコサミンの危険性

グルコサミンの危険性

グルコサミンの危険性についてみてみましょう。
もちろん、グルコサミンは普通通りに摂取すると、身体に大変良い働きをしてくれるものです。
しかし、何においてもそうですが、取り過ぎは良くありません。
グルコサミンは1日の摂取量の目安があります。
1日の摂取量は1000mg~1500mgが目安です。
毎日、大量に摂り過ぎると胃痛や吐き気など思わぬ不調が出てくる場合があります。
これについては個人差があり、摂取量を上回ったから必ず不調になるというわけではありません。
また、その日の体調やその人が本来持っている体質なども関係があります。
グルコサミンサプリの注意書きには、必ず「1日何錠目安」という文言がありますので、それを守って摂取すると大丈夫でしょう。

持病のある方は、摂取に注意しましょう

グルコサミンってあなたの身体にどんな働きをしてくれるのでしょうか。
ルコサミンは、私たちの体内で作られる物質なので、サプリメントで摂取しても安全性が比較的に高いと言われています。
ですので、危険性は少ないと言えます。
お薬とは違うので、大きな影響は与えられないと言えます。

しかし、持病のある方やお医者様から投薬をされている方は、グルコサミンの摂取には注意をした方が良いでしょう。
グルコサミンを摂取する事で、余計な要因を引き出してしまいことう事が、無いとは言えないからです。
どうしても摂取してみたい方は、お医者さんに相談をしてみてはどうでしょう。

糖尿病の方は注意しましょう

持病をお持ちの中で、特に注意して頂きたいのが糖尿病をお持ちの方です。

グルコサミンは、糖の一種であるグルコースという成分の一種です。
その為、インシュリンが効きにくくさせてしまうと言われています。
インシュリンをお使いの方は、注意が必要です。

治療で血糖値を安定させている方は、1日の目安の摂取量程度であれば影響を受けないとも言われています。
ですので、糖尿病の方全てが、グルコサミンを摂取するのは良くないとも言い切れません。

糖尿病の方でグルコサミンを摂取されたい場合は、お医者様に相談をしてみましょう。

このような方も、グルコサミン摂取に注意しましょう

消化器系が弱い方は、グルコサミンに限らずサプリメント全般を摂取する事に気を付けた方がいいと言われています。
過剰に摂取してしまうと、消化器系のトラブルを起こしてしまいう可能性があります。

また、甲殻アレルギーの方も注意が必要です。
グルコサミンには、エビやカニなどの甲殻から抽出した成分を含んでいる場合が大半なので、アレルギーを起こしてしまう可能性があります。
グルコサミンサプリメントの中でも、甲殻類から作られた物じゃなく、山芋等から摂取する植物性のグルコサミンを使った物があります。
そちらを摂取してみると、良いでしょう。