グルコサミンの副作用

グルコサミンの副作用についてみてみましょう。
もちろん、グルコサミンは普通通りに摂取すると、身体に大変良い働きをしてくれるものです。
しかし、過剰な摂取を続けると、身体に副作用を及ぼす恐れがあるのです。
グルコサミンは1日の摂取量が決められています。
1日の摂取量は1000mg~1500mgが目安です。
毎日1500mg以上摂取すると、胃痛などの症状が起こる場合があります。
また、便秘、下痢、吐き気、胸焼けなどの症状が出る人もいます。
これについては個人差があり、摂取量を上回ったから必ず副作用が起こるかといえば、そうでもないのです。
また、その日の体調やその人が本来持っている体質なども関係があります。
グルコサミンサプリの注意書きには、必ず「1日何錠まで」という文言がありますので、それを守って摂取すると大丈夫でしょう。