グルコサミン トップページ >  > グルコサミンとコンドロイチンの違いや役割は?

グルコサミンとコンドロイチンの違いや役割は?

グルコサミンサプリメントにコンドロイチンの違い

①グルコサミン
グルコサミンは、軟骨や腱等に広く存在している成分です。軟骨を作る為に必要な成分なので、減ってしまうと軟骨が無くなるのと同じ事になるので、骨同士が接触しやすくなり、痛みを発生させてしまいます。

②コンドロイチン
コンドロイチンは、体内の色んな部位になり、水分を抱き込んで吸収する役割を担っています。細胞同士の潤滑剤の役割を持ち、関節部分の潤滑の役割も担っています。

③どちらも加齢とともに減少していく
この2つは、年齢と共にどんどん少なくなってしまいます。よって、関節痛になってしまう、という理屈になります。年齢を増すと関節痛の方が多くなってしまう理由は、こういった要因からと言われています。

関節痛を緩和させる為には、この2つが必須成分と言えます。

グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果

グルコサミンのサプリメントには、コンドロイチンが入っている事が多く見受けられます。

グルコサミンとコンドロイチンの効果は細かくは違いますが、似たような効果を持っていると言えます。
この似たような2つの成分を片方取るのではなく、2つ共に摂取する事でより一層力を大きく出来るという理由から、2つ一緒に配合されているサプリメント等が多いとも言われています。

グルコサミンは軟骨の生成を担うので、グルコサミンだけでいいんじゃないの?とも思われるかもしれません。
グルコサミンはコンドロイチンを生成する役割を持っていますが、勿論即効性はありません。
2つを同時に摂取する事で、より一層互いを体内に増やす事が出来るので、理想的と言えます。

想像以上にグルコサミンは減っていっている

グルコサミンが少なくなって、関節痛になってしまう事があるというのは周知の事ですが、具体的にはどうなのでしょうか。

よく関節痛になる、ひざや腰の関節は、加齢と共にグルコサミンがどんどん少なくなっていきます。
その恐るべし減少量は、20代で約半分、50代には約80%も減ってしまうと言われています。
これを今読んでいる人は、既にグルコサミンは半分以下になっていると言えます。

グルコサミンが少なくなると、軟骨の働きが悪くなってしまいます。
軟骨が骨同士をカバーする事が出来なくなるので、関節炎などの痛みを発症させてしまいます。

グルコサミンは私たちの健康を担っている大事な成分

グルコサミンは、関節部分にしか存在しないイメージがありますよね。
関節だけじゃなく、皮膚や目、脳にも多く含まれています。
体の様々な部位に、グルコサミンはあります。

グルコサミンが減っていくと、これらの部位に少なからず影響をもたらしてしまいます。
体全体のバランスや健康を担っていると言っても、過言ではないのかもしれません。

もし痛みや違和感を感じなくても、年齢を感じたらグルコサミンを積極的に摂取すべきと言えるでしょう。

みんなが見てるグルコサミンサプリページ

TOPに戻る
関節痛に悩んでいる人は、グルコサミンやコンドロイチンのワードが気になりますよね。似たような役割に思えますが、一体ドどんな違いがあるのでしょうか。2つの違いを、まとめてみました。